ウインナーコーヒー、砂糖を上から入れるか下から入れるか……

秘密の壁
西新宿にひっそりと佇んでいる、ちょっとしたアートな壁。

f:id:asobi:20180319220003j:plain


たぶん、一日に10人以下しか目にしないと思う。
土日ともなればゼロなのではないかと思いましてトップ画像に採用だ。





日本初のウインナーコーヒーの砂糖の所在

日本で初めてウインナーコーヒーを出したんだぞという喫茶店ラドリオに行ってきました。
1949年開業とのことで、おそらくかつての常連さんはもう何人も天に召され……。



というかウインナーコーヒーといえば、銀座で働いていたとき、夜はスナックになる店がランチを始めたことがありました。そこがまた、200円のコーヒーを注文すると、ボウルいっぱいにホイップしたての生クリームを盛ってくるんです。
あのボリューム、とんかつやに出てくるキャベツの追加のような大盛りで、それを大匙ですくってコーヒーにボンボン入れまくるという、奇天烈な飲み方をする。あれがとにかくおいしくておいしくて……今だったらインスタ映えのメッカとして行列ができるんじゃないでしょうか。

で、ウインナーコーヒーです。
おそらく正統派の。なので、
「どうやって飲めばいいんですか? 」
「どうやって砂糖を入れればいいんですか? 」
と質問攻めにしたところ、ただ店員さんを困惑させただけで正解はなく、結果、このようなカタチになりました。



ふーむ。
おいしかった。砂糖にもこだわりがある喫茶店には頭が下がります。頭が下がるので、パクパクと砂糖を食べたい欲求を押し殺します。えらい。





最初はカウンターだったのですが、席が空いて、このイスのあるテーブル席に案内してくれました。1人で来たら、開店から閉店まで入られそうな、よい雰囲気のお店。暗いので老眼や鳥目の人は要注意です。

 

神保町 ラドリオ