もしかしたらはない

f:id:asobi:20180202214919j:plain

あまりにもむごい、惨憺たる出来事がありました。
ここ4年ほど、1年に1人の割合で人が死んでゆく。
その中でももっとも、残酷なものでした。
私の想像力は、今、真っ黒です。

世界は不公平だし、理不尽だし、絶望的だし、汚いし、惨めで醜く、とても悲しい。
死ぬことによって、生き地獄から抜け出せるかもしれない。
いやなことぜんぶ、本当になかったみたいに消えるかもしれない。
だけど、死ぬと、楽しんだり笑ったりすることもぜったいにできなくなる。

チリみたいな可能性や、灰になった希望も、すべてがゼロの、本当の「無」になってしまう。ぜんぶおわって、本当の本当にピタッと、時間が止まる。

万が一だとしても、厭世的でも、死ななければ「もしかしたら」があるけれど、死んだらないです。「もしかしたら」も死んで、完全におわる。